骨格診断 イメージコンサルタント パーソナルカラーのICBブログ

イメージコンサルタント、骨格診断、パーソナルカラーアナリスト養成のICBインターナショナルのブログです。

明日はイメージコンサルタント養成コースの体験説明会です。

パーソナルカラー診断の体験や、
ヘアスタイリングの実践ミニレッスンや、
ノンバーバルのショートレクチャーなど、
実技が多く、楽しんで頂ける体験レッスンだと思います笑い

パーソナルカラー診断の体験

710187000001272.jpg


ヘアスタイリングのミニレッスン

710187000001274.jpg

パーソナルブランディングが出来るプロを目指す方、
お気軽にいらしてくださいませ~笑い

こんなカンジのビフォアアフターを
710187000001275.jpg

ピンボケになっちゃいました。コチラならちゃんと見えます。
http://icb.blog.drecom.jp/archive/221


ICBは、体験レッスンや個別相談などで「クロージング」しません。
クロージングって聞き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、
「こちらからその場でのお申込を強くお勧めしない。」という意味です。

電話勧誘もしません。もちろん。

じっくり比較検討して決めた方が良いですよネ。
スクール選びのポイントは?というご質問もよく頂きます。
色々な要素があると思いますが、「相性」もあると思いますので、
誰にでも絶対ココ!とは言い切れない点も。

しっかりと比較検討して、
内容やシステムなどの面で納得出来るスクールに絞って、
最後はご自身のフィーリングを大切にすると良いと思います。

私が思うスクール選びのポイントは、

1)講師のレベル
そういっても、受講前は当然知識がないわけですから、レベルを推し量るのは至難の技ですよね。
いい方法があると良いのですが。
直接お会いしてセンスなどをご覧になると何か感じる部分もあるかと思います。
とりあえず、自分で自分を凄い凄いと言っていたり他校の講師を落とす発言をするのは
ひとまず能力の前に人格に問題がある可能性が高いですよね。

2)講師の性格・人柄
直接会ってお話すると感じるものがあると思います。
ちなみに「上から目線」のセンセイは一見頼もしそうですが、継続が辛くなります。
私が信頼している他校の素敵な先生たちの中にも、迫力系(?)のかっこいい先生はいらっしゃいますが、彼女たちは初対面の人に向かって意味もなく上から目線な発言や態度はとりません。

3)卒業生の活動状況
趣味系のコースの場合は不要ですが、
プロ養成系、資格系のコースをご検討の場合は、大切です。
それこそが「実績」です。

4)働いているスタッフの雰囲気
良い会社は働いている人の表情が明るいと思います。
講師やスタッフが楽しそう、仲良さそうかどうか、観察してみると面白いカモ。

ビジネススキル系のスクールとは、選ぶ観点が違う面もありますが、
この辺りを気にかけてたくさんご見学や体験レッスンなどに参加して、
ご自身に合うスクールさんをお選びになると良いと思いますラブ

4)振替制度があるかどうか
むやみに欠席は感心できませんが、やはりどうしようもない事情はあると思います。
振替が可能かどうかはチェックが必要です。


あ、当たり前ですが、カリキュラムは要チェックですよ。
同じイメージコンサルタント養成コースでも、
スクールによって扱う内容にかなりの差があります。

ご自身が、何を習得したいのか、じっくりご検討なさってくださいネラブ






イメージコンサルタントになりたい方はこちら→ イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリストになりたい方はこちら→ パーソナルカラーアナリスト
骨格診断ファッションアナリストになりたい方はこちら→ 骨格診断ファッションアナリスト
イメージコンサルティング実例ビフォアアフターはこちら!→ 実例ビフォアアフター
ICBインターナショナルのイメージコンサルタント養成コースを修了すると、
イメージコンサルタントクラブへの入会が可能です。(無料) → イメージコンサルタントクラブ
ウォーキングインストラクターの資格も取りたいなら。→ ウォーキングインストラクター
ビジネスマナー研修インストラクターの資格も取っておきたい方は! → ビジネスマナー研修インストラクター
自分の骨格タイプを知りたいなら!→ イメージコンサルティング


イメージコンサルタントとは

イメージコンサルタントとはパーソナルカラーコーディネートだけではなく、骨格診断によるファッションコーディネート、ヘアメイク、立ち居振る舞いや身のこなし、空間管理等の非言語コミュニケーション、色彩心理による色彩戦術の全てを使い、クライアントの目的に対して効果的な「印象・イメージ」をご提案し、コンサルティングするものです。「トータルイメージアップ」ももちろん可能ですがイメージコンサルタントは一歩進んでイメージの操作、コンサルティングまで行うことが可能です。

ICBインターナショナルのイメージコンサルタント養成コースのカリキュラムは、女性を最も美しく魅力的に演出する技術を習得出来るカリキュラムになっておりますが、それらに加えて色彩と心理に、距離や角度による空間管理、表情表現や視線、しぐさ、傾聴テクニック、服装マナー、プロトコールによるドレスコード、ビジネスマナーなど、より具体的な「自己演出法」とイメージコンサルタントとして活動するために必要な「現場で必要なスキル」を習得します。

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは、「ピンクが似合う」「青が似合う」というものではなく、ピンクならどんなピンクが似合うかを診断するもの、つまり「ベビーピンク」「ピーチピンク」「サーモンピンク」「ショッキングピンク」「ローズピンク」など様々な色味やトーンのピンクが存在するなか、どのピンクがその方のお顔にキレイに映えるかを診断するもの、それがパーソナルカラーです。

パーソナルカラー診断により、どういう色みが似合うかがわかれば、自分をより美しく見せることも健康的にいきいきと見せることも、しっかりとした印象や清潔感や好感度の高い印象をつくり出すことも可能です。

パーソナルカラーとはアメリカで始まったテクニックであり、アメリカの大統領選挙で色が大きく影響を与えた事から世界に広まった技術です。現在でも政治家や経済界の方々などイメージを重要視する職種についている方はパーソナルカラーを取り入れたイメージコンサルタントを雇い入れています。

パーソナルカラーと骨格診断を組み合わせることによりトータルにお似合いになるファッションをご提案することが可能となり、イメージコンサルタントとしての基本スキルとなります。

骨格診断とは

骨格診断とは、正式名称を「骨格構造によるファッションタイプ診断」と言い、似合う「素材」と「形」を診断するものです。つまりファッションのデザイン、ヘアスタイル、アクセサリーやバッグのデザインや材質など、色以外の似合う要素を知ることが可能な診断方法です。骨格の診断方法は手首や背中、腰などいくつかのパーツにボディタッチさせて頂くだけなのでパーソナルカラーのようにドレープなどのツールを必要とせず、場所をあまり選ばないというメリットがあります。この骨格診断とパーソナルカラーを組み合わせることによりトータルにお似合いになるファッションをご提案することが可能となり、イメージコンサルタントとしての基本スキルとなります。