骨格診断 イメージコンサルタント パーソナルカラーのICBブログ

イメージコンサルタント、骨格診断、パーソナルカラーアナリスト養成のICBインターナショナルのブログです。

一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会が、初めて公開セミナーを行うことになりました。まだ自分の骨格タイプを知らない方、チャンスです!
FFA認定協会 公開セミナーのお知らせ



骨格診断について。こちらも前回の記事にひきつづきウェーブについて書きますね。

ウェーブに似合うコートについて。

765901c1
※画像 ディノス通販サイトからお借りしました。

素 材

・固すぎないウール、カシミヤ、ファンシーツイード。
・ファーもの
・カジュアルなものなら表側がナイロン素材のものもOK。

※革はストレートに似合います。ムートンはナチュラルに似合います。
※ただし、ムートンでもやわらかい風合いのもので、
 ファーの部分がワイルド感のないエレガントなタイプのものならウエーブにも合います。


デザイン

・なるべくファー付きがおすすめ。首もとが寂しくならないようにしましょう。
 今年流行のスヌードをあわせてもOKです。 

・今年はあまりみかけないので良いのですが、マキシ丈コートは苦手。
 ロングでもふくらはぎあたりまでのものがおすすめです。

 とは言え、ロングコートの裾からスカートが見えるのは絶対にNGなので、
 ロングスカートやロングドレスを着る場合は長いコートを着ましょう。
 背に腹は代えられません。
 ショートコートの場合はもちろん問題ありません。

・似合うラインはハイウエスト(年齢制限ありますが)、
 ウエストシェイプ(上記画像のような)、Aラインです。
 
・トレンチはあまり得意ではありません。
 光沢のある素材のものを選ぶなど、工夫が必要です。



一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会が、初めて公開セミナーを行うことになりました。まだ自分の骨格タイプを知らない方、チャンスです!
FFA認定協会 公開セミナーのお知らせ




イメージコンサルタントになりたい方はこちら→ イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリストになりたい方はこちら→ パーソナルカラーアナリスト
骨格診断ファッションアナリストになりたい方はこちら→ 骨格診断ファッションアナリスト



イメージコンサルタントとは

イメージコンサルタントとはパーソナルカラーコーディネートだけではなく、骨格診断によるファッションコーディネート、ヘアメイク、立ち居振る舞いや身のこなし、空間管理等の非言語コミュニケーション、色彩心理による色彩戦術の全てを使い、クライアントの目的に対して効果的な「印象・イメージ」をご提案し、コンサルティングするものです。「トータルイメージアップ」ももちろん可能ですがイメージコンサルタントは一歩進んでイメージの操作、コンサルティングまで行うことが可能です。

ICBインターナショナルのイメージコンサルタント養成コースのカリキュラムは、女性を最も美しく魅力的に演出する技術を習得出来るカリキュラムになっておりますが、それらに加えて色彩と心理に、距離や角度による空間管理、表情表現や視線、しぐさ、傾聴テクニック、服装マナー、プロトコールによるドレスコード、ビジネスマナーなど、より具体的な「自己演出法」とイメージコンサルタントとして活動するために必要な「現場で必要なスキル」を習得します。

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは、「ピンクが似合う」「青が似合う」というものではなく、ピンクならどんなピンクが似合うかを診断するもの、つまり「ベビーピンク」「ピーチピンク」「サーモンピンク」「ショッキングピンク」「ローズピンク」など様々な色味やトーンのピンクが存在するなか、どのピンクがその方のお顔にキレイに映えるかを診断するもの、それがパーソナルカラーです。

パーソナルカラー診断により、どういう色みが似合うかがわかれば、自分をより美しく見せることも健康的にいきいきと見せることも、しっかりとした印象や清潔感や好感度の高い印象をつくり出すことも可能です。

パーソナルカラーとはアメリカで始まったテクニックであり、アメリカの大統領選挙で色が大きく影響を与えた事から世界に広まった技術です。現在でも政治家や経済界の方々などイメージを重要視する職種についている方はパーソナルカラーを取り入れたイメージコンサルタントを雇い入れています。

パーソナルカラーと骨格診断を組み合わせることによりトータルにお似合いになるファッションをご提案することが可能となり、イメージコンサルタントとしての基本スキルとなります。

骨格診断とは

骨格診断とは、正式名称を「骨格構造によるファッションタイプ診断」と言い、似合う「素材」と「形」を診断するものです。つまりファッションのデザイン、ヘアスタイル、アクセサリーやバッグのデザインや材質など、色以外の似合う要素を知ることが可能な診断方法です。骨格の診断方法は手首や背中、腰などいくつかのパーツにボディタッチさせて頂くだけなのでパーソナルカラーのようにドレープなどのツールを必要とせず、場所をあまり選ばないというメリットがあります。この骨格診断とパーソナルカラーを組み合わせることによりトータルにお似合いになるファッションをご提案することが可能となり、イメージコンサルタントとしての基本スキルとなります。


コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トラックバック

トラックバックURL