骨格診断 イメージコンサルタント パーソナルカラーのICBブログ

イメージコンサルタント、骨格診断、パーソナルカラーアナリスト養成のICBインターナショナルのブログです。

イメージコンサルタントとパーソナルスタイリストの違いについて、
聞かれる事が多いのでお話したいと思います。

↓CLICK ME♪
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ

IMG_0214



パーソナルスタイリストとは、
クライアントに似合い、かつ、ファッショナブルなスタイルをご提案するもので、
アパレル業界出身の方がなさっているケースが多い職業だと思います。
ハイセンスでおしゃれなファッションを教えてほしい!
素敵なファッションを自分のためにコーディネートしてほしい!という時にはパーソナルスタイリストの方にご相談することをおすすめします。


一方イメージコンサルタントとは、
クライアントの「目的に即した」「外見」を作り上げご提案するもので、 
ファッションが優先ではなく、クライアントのイメージが優先されます。
つまり、ハイファッションであるとは限らないのがイメージコンサルタントの仕事なのです。


物凄くカンタンに言ってしまうと、

「オシャレ」と思われたいならパーソナルスタイリスト。
「キレイ」または「カッコイイ」と思われたいならイメージコンサルタント。

「ファッションセンスがいい人」と思われたいならパーソナルスタイリスト。
「仕事がデキそうな人」と思われたいならイメージコンサルタント。

「オシャレな人」と思われたいならパーソナルスタイリスト。
「優しそうで女性らしい人」と思われたいならイメージコンサルタント。

「ファッションセンスがいい人」と思われたいならパーソナルスタイリスト。
「誠実で信頼できそうな人」と思われたいならイメージコンサルタント。


・・・お気づきでしょうか?
パーソナルスタイリストはあくまで「おしゃれ」「ファッションセンス」です。
イメージコンサルタントは、クライアントの目的達成の手段のひとつとしての、
外見イメージを作り上げることが目的なので、
クライアントによって「 」内のキーワードが変わるのです。


eb916b0c



もうひとつ、イメージコンサルタントは、ファッションが素敵かどうかよりも、
クライアントの魅力を引き出すかどうかで選びますので、

「Aさんっていつもセンスの良いお洋服を着ていて素敵ね」
と言われたいならパーソナルスタイリストに。

「Aさんってキレイな人ね」「スタイル良いよね」
と言われたいならイメージコンサルタントに。

という図式も成り立ちます。
※もちろん、本当に力のあるスタイリストは素敵なファッションというだけではなく、
きちんと「当人の魅力を引き出す」アイテムを選んでくださいます。
何を優先基準に置いているかの違いです。

ちなみに私が男性のお客様だったとしたら、
ビジネスシーンで身につけるスーツや小物類はイメージコンサルタントに、
オフの日のカジュアルファッションはパーソナルスタイリストにお願いするかな♪
(ちなみにクールビズはビジネスマナーの基本を知らない方に依頼すると危険です)



そしてそして大切なこと。
クライアントの印象イメージを作り上げるためには服装だけでは片手落ちなので、
姿勢や立ち居振る舞い、女性ならヘアスタイルのアドバイスや、
メイクについてもコンサルティングします。

IMG_0236  IMG_0191

使い分けてみても良いかもしれません。

ICBの卒業生には、パーソナルスタイリストとしてのスキルも、
イメージコンサルタントとしてのスキルも
両方お持ちのコンサルタント(スタイリスト)が多くいます。

センスも良い方が多いのでおすすめです。
好みや相性もありますので、
プロフィール写真のイメージが自分の好みに近い方を選ぶと良いと思います。





イメージコンサルタント養成コースのレッスンスケジュールはこちらです。


パーソナルスタイリスト養成コースのレッスンスケジュールはこちらです。


ちなみに!パーソナルスタイリスト養成コースを受講してから、
やっぱりイメージコンサルタントになりたいと思った場合、
「コース変更」という形を取り、不足部分だけを追加受講ができます。
その場合の受講料は単純に差額を計算するだけのもなので割高になることはありません。



愛のクリックお願いします♪
 ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村



イメージコンサルタントになりたい方はこちら→ イメージコンサルタント
パーソナルカラーアナリストになりたい方はこちら→ パーソナルカラーアナリスト
骨格診断ファッションアナリストになりたい方はこちら→ 骨格診断ファッションアナリスト
イメージコンサルティング実例ビフォアアフターはこちら!→ 実例ビフォアアフター
ICBインターナショナルのイメージコンサルタント養成コースを修了すると、
イメージコンサルタントクラブへの入会が可能です。(無料) → イメージコンサルタントクラブ
ウォーキングインストラクターの資格も取りたいなら。→ ウォーキングインストラクター
ビジネスマナー研修インストラクターの資格も取っておきたい方は! → ビジネスマナー研修インストラクター

一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会



イメージコンサルタントとは
イメージコンサルタントとはパーソナルカラーコーディネートだけではなく、骨格診断によるファッションコーディネート、ヘアメイク、立ち居振る舞いや身のこなし、空間管理等の非言語コミュニケーション、色彩心理による色彩戦術の全てを使い、クライアントの目的に対して効果的な「印象・イメージ」をご提案し、コンサルティングするものです。「トータルイメージアップ」ももちろん可能ですがイメージコンサルタントは一歩進んでイメージの操作、コンサルティングまで行うことが可能です。

ICBインターナショナルのイメージコンサルタント養成コースのカリキュラムは、女性を最も美しく魅力的に演出する技術を習得出来るカリキュラムになっておりますが、それらに加えて色彩と心理に、距離や角度による空間管理、表情表現や視線、しぐさ、傾聴テクニック、服装マナー、プロトコールによるドレスコード、ビジネスマナーなど、より具体的な「自己演出法」とイメージコンサルタントとして活動するために必要な「現場で必要なスキル」を習得します。



パーソナルカラーとは
パーソナルカラーとは、「ピンクが似合う」「青が似合う」というものではなく、ピンクならどんなピンクが似合うかを診断するもの、つまり「ベビーピンク」「ピーチピンク」「サーモンピンク」「ショッキングピンク」「ローズピンク」など様々な色味やトーンのピンクが存在するなか、どのピンクがその方のお顔にキレイに映えるかを診断するもの、それがパーソナルカラーです。

パーソナルカラー診断により、どういう色みが似合うかがわかれば、自分をより美しく見せることも健康的にいきいきと見せることも、しっかりとした印象や清潔感や好感度の高い印象をつくり出すことも可能です。

パーソナルカラーとはアメリカで始まったテクニックであり、アメリカの大統領選挙で色が大きく影響を与えた事から世界に広まった技術です。現在でも政治家や経済界の方々などイメージを重要視する職種についている方はパーソナルカラーを取り入れたイメージコンサルタントを雇い入れています。

パーソナルカラーと骨格診断を組み合わせることによりトータルにお似合いになるファッションをご提案することが可能となり、イメージコンサルタントとしての基本スキルとなります。



骨格診断とは
骨格診断とは、正式名称を「骨格構造によるファッションタイプ診断」と言い、似合う「素材」と「形」を診断するものです。つまりファッションのデザイン、ヘアスタイル、アクセサリーやバッグのデザインや材質など、色以外の似合う要素を知ることが可能な診断方法です。骨格の診断方法は手首や背中、腰などいくつかのパーツにボディタッチさせて頂くだけなのでパーソナルカラーのようにドレープなどのツールを必要とせず、場所をあまり選ばないというメリットがあります。この骨格診断とパーソナルカラーを組み合わせることによりトータルにお似合いになるファッションをご提案することが可能となり、イメージコンサルタントとしての基本スキルとなります。


にほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ
にほんブログ村


コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トラックバック